香豆豆五穀は人体にいい、大豆がないと、悪い影響をします。大豆は食の中の精品であり、豆の中の一番いいものです。

北京香豆豆食品有限会社

会社紹介

       香豆豆食品

    北京香豆豆食品有限会社は2006年7月、北京市房山区良乡南荘子村北の凱達豆類産業園に設立しました。現在会社の固定資産3850万元、年間総生産は4800万元、従業員は220人のうちに管理者は18人、技術者の32人がいます。会社が現代の科学技術を運用して、先進的な生産設備と最新の加工生産プロセスを使って、純天然食品平湯葉を生産します。その安全、栄養、健康など独特な優位で市場に占領し、製品は日本、韓国、欧米などの国や地域に輸出して、お客様が好評を得ました。平湯葉の製品は、北京市で唯一的な大豆製品です。北京豆製品輸出分野の空白を埋めました。また、生産の需要を満足するために、会社は新型の平湯葉製品を作る知能装備を開発しました、現在すでに5項の国家特許をもらいました。設備にはいい性能を持って、各技術指標は国内の先進レベルに達し、農産物の付加価値を昇格させて、特色のある農業発展の促進に巨大な推進をしました。
    会社は自主開発、安全生産、深度加工、輸出マーケティングと一体に基づいて、一流の製品技術を使って、無公害、保障がある販売を経営方針として、絶えずに革新と完備をします。今はすでに平湯葉シリーズ豆製品の種類が数十種に増えてました。主に湯葉秀、湯葉葉仏手、湯葉蝶、素アワビ、湯葉結、湯葉球、湯葉恋、湯葉段などからなってます。平湯葉は香豆豆食品有限公司の主な制品として、多種の料理と組み合わせて、一般庶民の食卓に栄養健康的な天然食用物になります。
    会社は2006年7月に日本の生産技術を導入してから、科学的な管理、デジタル監視、絶えずに改善してる生産技術によって、原材料の利用率を大幅に高めました。製品の栄養成分は人体の需要に近づけ、製品の種類が多く、食用にももっと便利され、多くの海外市場の愛顧をまらいます。北京地区の豆製品輸出の空白を埋めました。
平湯葉シリーズ豆制品は国内の良質豆類を採用し、日本の生産技術と高エネルギーの密閉生産設備を利用して、一流の生産チームは厳格に加工して生産されたものです。平湯葉シリーズ豆制品は安全、緑、無汚染、持ちやすいし、食用に味がよく、様々な人々が好きな商品になります。平湯葉豆製品は日本で一度は庶民に人気を集めて、大勢の日本の旅商人は会社に来て参観訪問します。そして長い期間の供給契約を締結しました。平湯葉製品の輸出販売を実現しました。
    平湯葉シリーズ豆製品は自らの特点で、ますます国内外の企業と個人は協力しに来ます。北京市豆製品輸出業界として、北京香豆豆食品有限会社は毎年に増加している輸出によって、外貨を獲得する額と毎年現地の就職を解決することは会社の盛んな未来を示します。

 

Powered by MetInfo 5.3.17 ©2008-2018 www.metinfo.cn